読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるぽよぽよ

37歳差の同棲生活始めました。

【03/12】自販機でチゲスープ/朝倉~湯布院ドライブデートその2!

こんにちは。ぽよぽよです。

 

土日は旦那さまとドライブデート。

そういえば行先を特に決めていない私たち。

 

とりあえずテープ起こしの仕事が溜まっててやばいしパソコンのバッテリーもやばいからインバーターを買ってくれとおねだりする私だったが……。

 

インバーターって何。」

 

旦那さまはちょっと機械に疎いので伝わりませんでした。

 

インバーターって何。

インバータ(いんばーた、英:Inverter)とは、直流及び交流から、周波数の異なる交流を発生させる(逆変換する)電源回路、またはその回路を持つ装置のことである。

 

 

私がいってるインバーターは、車の12Vのシガーソケットを家庭用電源の100Vに変換するもの。


 

 

これがあると死ぬほど便利です。

よくわかっていなかった旦那さまが買ってくれました。

「なんかよくわからないけどすごいね。」と言ってます。

隣で仕事をしていても文句を言わないのは、普段家事や料理に時間を使いすぎていて仕事をする余裕がとれないからだと思います。

でもあんまり仕事ばっかりだと寂しがるので、たまに旦那さまにかまいつつ進めます。

 

これで私はこころおきなく仕事ができるので、どこまででも走っていくといいよと思っていたところ。

「ところで行きたいところある?」と旦那さま。

 

「地獄ラーメンが食べたい。」

 

「どこにある?」

 

「湯布院とか別府とか、あとはその辺のドン・キホーテとかだって。」

 

「よしじゃあ湯布院にしよう!」

 

本当は通販で買えば済む話なんだけどなと思いながらも黙っていました。

ちなみに通販サイトはこちらです。

株式会社 Hell−Compan

 

 

先日、友人宅での飲み会に料理担当として呼ばれたのですが、

その時、バンバンジーやら、ユーリンチーを作ろうとしたのにお酢がないという事態!

 

「なんでお前の家はお酢がないのにぽん酢だけ5本あるんだよ」

と危うく喧嘩になるところでした。

 

それどころかラー油もなかったので、それっぽいもので代用しようと思い手に取ったのが「地獄の一滴」。

 

f:id:yuruyurupoyopoyo:20170313152006p:plain

こちらはゆず風味です。かぼす風味もあるそうです。

原材料が、醸造酢、ゆず、香辛料と表記されていたのでおおよそ同じだろうということでバンバンジーとユーリンチーのたれの材料に使いました。

 

一滴と名乗っているのに大匙2杯もいれたので、食べていた友人たちからは

「おいしいけどめちゃくちゃ辛い」という感想をいただきました。

元々辛い物が好きな私には辛さがまったくわかりませんでした。

食べ過ぎて味覚が死んでいるのかもしれません。

 

ということは、地獄ラーメンもいけるのでは…?と思い、どうしても食べたくなったという次第です。

 

とはいえ現在地から一番近い取扱店舗でもここから1時間半はかかる…。

 長い道のりなので、何度か休憩ついでに道の駅に立ち寄りました。

 

えらく真新しい道の駅「慈恩の滝くす」というところによることに。

 

www.kusu-michinoeki.jp

 

f:id:yuruyurupoyopoyo:20170313160013p:plain

写真は帰りにまた立ち寄った際に撮ったので夜ですが。

とても新しくてきれいです。トイレがグンバツにきれいです。

 

「よく道の駅とかサービスエリアで売ってるちくわ食べたい」という私のめちゃくちゃなリクエストにこたえようとしてくれたらしいですがちくわはありませんでした。

 

「とりあえずコーヒー飲んでリフレッシュしよう。」と旦那さま。

私はコーヒー飲まないけどとりあえず自販機までついていきました。

 

「なんか飲むか?」

 

「チゲ」

 

「何言ってるの?」

 

「チゲ」

 

f:id:yuruyurupoyopoyo:20170313160115p:plain

 

おしるこが並ぶであろうポジションにチゲが売っていました。

ちなみに具入りだそうです。

 

二人で爆笑しながらチゲを購入。

f:id:yuruyurupoyopoyo:20170313160230p:plain

本当に具入りでした。ネギとあと何か良く分からないものが入っていました。

 

ジャパンビバレッジの自販機みたいです。

味は本当にチゲでした。しかもめちゃくちゃおいしい。

 

「コーヒーより目が覚める!」

 

「この自販機が普及したら、世のサラリーマンがチゲを片手に通勤する日が来るわけか。」

 

アホみたいな会話をしました。

 

その後しばらく走り、再び休憩に九酔渓温泉の食事処、桂茶屋に立ち寄りました。

kyusuikei.com

 

アユの塩焼きが食べたかったのですが、今はまだ解禁されていないので、ヤマメの塩焼きを食べることに。

ここのお店は店員さんたちが顔にタヌキやらキツネのペイントをしています。

「いらっしゃいだポン!」と笑顔で言っているお兄さんが可愛かったです。

 

旦那さまがなぜか嫌がらせのように大量にレモンをかけてきたので、

ヤマメというかほぼレモンの味でした。

いい加減止めなければ。

 

 ではまた続きます。

 

yuruyurupoyopoyo.hatenablog.com